何故これほどまでにジャニーズが好きなのか

 

中1からジャニヲタを始めて、中3〜高1まで卒業してアニメに走っていたので、ちょうどその期間を抜くとジャニヲタ歴7年程のペーペーオタクですが、なぜこれほどまでにジャニーズに魅力を感じてずっと好きなのか考えてみることにしました。

 

ちなみに私は、嵐の大野智くんから入り、NEWSの手越祐也くんや関ジャニ∞大倉忠義くんなどをかじりつつ、もう一度大野くんで出戻りして伊野尾くんをチラ見したあと直ぐにジャニーズJr.松村北斗くんに降りた身です。KAT-TUNはなぜか綺麗に通りませんでした。2017年に入り突然V6ヲタも始めています。Sexy ZoneKis-My-Ft2などのコンサートにも足を踏み入れました。それなりにジャニーズDDしてきた方かもしれません。

 

 

で、本題なんですけど、なぜこれほどまでにジャニーズが好きなのか、自分の普段のオタ活から考えてみることにしました。

基本的に私のオタ活はジャニーズの楽曲を聴くこと、コンサートの映像を見ること、バラエティ番組を見ること、雑誌を読むこと、Twitterなどでオタクと交流すること…まあ他のみんな大体こんな感じなんじゃないですかね。

 

で、そこで思った理由をいくつか挙げます。

 

 

①ジャニーズの楽曲が堪らなく好き

軽音楽部に所属していたので、他の音楽もそれなりには聞いたことがあるとは思います。でもそれまで慣れ親しんでいたからなのか、私はジャニーズの楽曲が今でも一番何よりも大好きです。理由は、歌詞がシンプルで伝わりやすい、メロディーも非常にわかりやすい、曲と合わせて振りがつけがあったりして盛り上がりやすい…など。明るい曲も、かっこいい曲も、バラードもどれも歌ってくれるしなんとなくいい曲が多い気がする。

あと、音の重なりもすごいんですよ。バックで流れている音楽に厚みがあって、たまにすごいかっこいいギターソロが挟まってたりとか、ベースめちゃめちゃかっこよかったりとか、すごく綺麗なストリングスが鳴ってたりとか…音楽として聴く分にも私にはすごく満足できるんですよ…だからジャニーズの楽曲がとっても好きです。これってアイドルソングの特徴なのかもしれませんね。

構造も比較的シンプルな曲が多い、始めて聴いたのにスッと入ってくる、コンサートやテレビで披露されてなくてもここでこう盛り上がるんだろうな〜みたいなのがなんとなくわかったり。楽しいですね!!!!!!

 

②コンサートが夢の国

誰にとっても好きな人と過ごす時間は夢の国だよ!!!っていう意見はあると思うんですけどね

にしてもジャニーズのコンサートって、すごく豪華じゃないですか?特にデビュー組、火とか水とかムービングステージしたりフライングしたりトロッコでバーーーッと駆け抜けたり、衣装もキラキラピカピカで羽根とかファーとか…もう見た目から豪華、派手。ファンの黄色い歓声がとってもよく似合う。いつも割と広い会場で行っているし、ファンによるペンライトの海もすごく綺麗。

ディ○ニーも夢の国だと思うんですけど、あのたった数時間にファンが「今日の日の為に頑張ってきた!!!!!!」と言わんばかりの意気込みでやってきて、みんな酒でも入れてんのかってくらいテンションマックスで、一瞬で過ぎていって終わったらもうその時間は幻のようで…夢かよ…夢なのかよって。空間が夢すぎる。

そんな時間は円盤で見てもやっぱり夢のようで、でも実際で見たらもっと何万倍も夢のようで、あの空間が摂取したくて仕方なくてまるでクスリのようです。ジャニヲタじゃない友人に「本当に人生で絶対いい経験になるからジャニーズのコンサートにだけは行っておけ」と言ってしまうくらい、あの空間にはすごく価値を感じます(笑)

 

③事務所間の絡みが好き

ジャニーズっていくつかのグループに分かれているじゃないですか、でもそのグループもみんなJr.から始まってるわけで、他のグループにジャニーズ内の同期がいたり、バックで踊ってたりするわけなんですよ。例えば嵐の番組にV6が出たとするじゃないですか、そしたらV6のバックに付かせてもらって〜って当時の映像や写真が流れちゃったりするわけなんですよ。関ジャニ∞が出たら8J時代の映像が出たり思い出話が出たりしちゃうわけなんですよ!担降りしてからでも十分に楽しめるおいしい話ですよね…。全然違う世代のグループでも同じジャニーズだから、尊敬してる先輩だとかそういう話で盛り上がれるわけなんですよ、で、今度ご飯行こうねとか言って後日談が出たりするわけなんですよ…事務所にいっぱいグループはあっても、同じジャニーズ。楽しい。これ楽しいです。しかもこれは事務所DDになればなるほど楽しくなる沼。

 

④オタクの数が桁違い

他のジャンルにもオタクって沢山いるとは思います。でもジャニーズって中でも馬鹿みたいに多いですよね。本当に多い。Jr.にだってすごい沢山ファンの子がいます。駆け出しのJr.にもいます。その中で自分と似たような考えの人とかが見つけやすいんじゃないかな〜と思うんです。母数が多いから。勿論母数が多過ぎてコンサート落選しまくるとかいうこともありますけど。オタ活するのに私はジャニーズって結構楽しいな〜と思います。

 

⑤よりどりみどりの男達

超どストレートなんですけど(笑)

ジャニーズって男の子から男性まで幅広く揃ってます。よりどりみどり!10代のピチピチの男の子から元気をもらうもよし、20代の男子と妄想するもよし、30.40代の男性達から癒しも貰うもよし。どの年代にもその年代の良さがある。ジャニーズはずっとアイドルをしていてくれる。40代になってもアイドルなんて、本人達もよく言っているけれど、あり得ないことだったんだと思うんです。それが今もアイドルだし、アイドルとして全然余裕で成立してる。10代から何歳になってもみんなアイドルなのがジャニーズだから、その人数も多くて、自分が求めるゾーンに必ず誰かがいてくれる。だから、ジャニーズってよりどりみどり!!!!

 

⑥色んな可能性を見せてくれる

歌もダンスも演技もバラエティもマルチにこなしたり、こなそうとしたりするのがジャニーズならではですよね。国際的な映画に出演したり、キャスターしたり、はたまた音楽フェスに出ちゃったり。ジャニーズって、こんなことまでするんだ、こんなことまで出来るんだって思うこと沢山あるんですよ。Jr.を応援していて、こんな仕事をしてほしいなって思ったとして、それが十分に叶う可能性があるのがジャニーズなんだと思うんです。あと、「ジャニーズはやっぱり持ってる」っていうの本当にそうじゃないですか。やってみて、って言われたらパッとこなせたりしちゃう。きっとそれまでに培ってきたものがあるんだろうけれど、それでもさすがって思うポイントがいくつも、幅広いジャンルである。それが凄いかっこいい。

 

⑦独自の文化が楽しい

これを思ってるのは私だけなのかなー?その独自の文化に疲れちゃう人もいるかも知らないけど…

例えば担当って言葉があったり、担降りっていう儀式がすごく重かったり、名前団扇やファンサ団扇を作ったり、最近はPay-easyやデジチケとかで何故か事務所が時代の流れに乗ろうとしているけど、それまでは超アナログだったりしてファンもどこかそれに慣れていて、無茶なことはやめろ!ってなったり。

ジャニヲタにしかわからない謎の文化だったりがいくつもあったりしてそれがまた謎の一体感があってとても面白い。普段別のグループを応援しているけど、みんな同じジャニヲタで、カウコンとかはそのオタクたちが一気に集まったりして面白い。イッピ袋から生首ネックレスに変わったり、ジャニヲタ文化の中にも時代があったりするのもとても面白い。長い時間の中で本当に多くの人がジャニーズっていうかなり独特な制度を持つ事務所を好きになって、色んな文化を形成してきている。長い歴史の中に携わってる気分でもうそれはそれは、この独自感がとっても楽しいです、私はね。

 

 

なんとなく個人的に思ったことをさらっとあげてみました。多分、「こんなのジャニーズじゃなくても一緒だよ!」とか、「お前がみてきた世界がたまたまそんなんだっただけだろ!」とか、はたまた「夢見すぎだろ」とか思う人もいるかもしれないですけど、私はやっぱりジャニーズが好きだし好きになれてとっても嬉しいです。ジャニーズが好きな人生はそれまでの人生よりも何倍もキラキラしてます。それまでの人生って小学校とかだけど(笑)

 

ジャニーズを拗らせまくって、人生に後悔するようなことがあったらダメだと思うのでそこらへんの線引きはしっかりしなくちゃいけないとは思うんだけど、娯楽としてジャニーズって本当に最大級に楽しませてくれます。夢で溢れてる。多分何年後かもジャニーズが好きなんでしょう!!!!

 

こんだけ言ってわかったことはやっぱり

私はジャニーズが大好きです!!!!!!最高!!!!!!!!!

 

 

※自分が通ってきた思い出を元に記事にしましたので、私のオタ活こんなんじゃねぇってなったらごめんなさいそこらへんの責任は取りません