22歳の誕生日

 

 

6/18から約1ヶ月が経ちますが、あえて更新させていただきます。松村北斗くん22歳のお誕生日おめでとうございました。

こういうのは、その日のうちに更新するもんだと思っていたものの、やっぱり更新したかったのでお許しを。

 

 

 

私が北斗くんを担当として応援しようと思ってから約4年。誕生日を祝うのは3回目。ジャニーズJr.という不確定な存在でありながら、今年もお誕生日を無事お祝いできたことがとても嬉しいです。

21歳の北斗くんは、沢山のファンを増やしましたね。目で見てわかるくらいにファンが増えて、北斗担を名乗る方がいっぱい出てきて、まだまだ松村北斗は強いなと感じた一年でした。

 

 

北斗くんは、本当に強い人だと思います。先ほど、強いなと述べましたがそれとはまた別の意味で。ここまで来るのに何度辛い思いをしただろう、でもその度に強くなる。ひとりのジャニーズJr.として、キラキラと輝く北斗くんの陰には沢山の努力や、思いがあると感じています。

北斗くんにはいつも、人間味を感じています。コンサートのたびに「 あっ、北斗くんってやっぱり生きてるんだ… 」ってこの世に存在していることを確かめるけれど、でも北斗くんにはどこかしら人間味を感じることの方が多いです。三宅健くんが以前ラジオで、「俺たちは二次元だから〜」といったことを言っていました。間違いではないと思います。彼らはアイドルという虚像だから。

でも、北斗くんはそんな虚像かもしれないけれど、きっと辛いだろうなって時には辛そうながらも頑張ってるし、楽しいんだろうなって時はとっても生き生きした笑顔を見せるし、本当に友達って存在が少ないんだろうな(その少ない友達のことはすごく大切にしている)って思う時もある。多分私が勝手に思案しているだけで実際はどうなのかわからないけど、表情のひとつひとつに、ひとりの同い年の人間として、北斗くんに色々感じることがあります。

今までの誰を応援しているよりも、北斗くんのことを勝手に自分と横並びの目線で見ている気がします。頑張って!よりも、一緒に頑張ろう、っていう応援のカタチが、思いをより一層強くしているような気がします。本人も私たちの応援に必死に応えてくれるから、飽きるわけがないんです。常に最高のパフォーマンスを見せてくれる、最高のアイドルです。

 

 


22歳の北斗くんは通過点で、北斗くんが何歳になろうとも私の応援の中では通過点で、特別で大切な22歳だけど、これからまた何年も応援していく中での1年。そのはずだし、そうでありたいな。

 


可愛いところがすきです。その優しい笑顔が、とても愛しいです。
かっこいいところがすきです。いつもドキドキさせられます。
優しい歌声がすきです。心に響いてくる、暖かい歌声ですね。
努力家なところがすきです。全力で仕事に取り組んでいるから、私も全力で応援できます。
ちょっと変わってるところもすきです。自分を持っていて、人に流されないところが素敵です。
意外と人懐っこいところもすきです。ガードが固いくせに、許すと突然犬みたいになりますね。
数えきれないほどの、好きだなって思う部分があるし、多分これから北斗くんのどんな部分を見つけても、北斗くんがどう変化していっても、ずっと好きです。

 

北斗くんに理想を押し付けないことは常々心がけているけど、ひとつだけ押し付けさせてください。22歳の北斗くんの夢が「 デビューすること 」でありその夢が叶いますように。これからあと何十年も北斗くんを応援したいという私の夢を、叶えてください。それだけは、押し付けさせてください。

 

 


22歳が北斗くんにとって、素敵な一年になりますように。背中はファンに任せて、前を向かって突き進んでね。ごめんねなんて言わないで。北斗くんは何年経っても、これからもずっと、私の自慢の担当です。

 

「一生離れんじゃねぇぞ」

 

f:id:hkhks:20170716143339j:image